FC2ブログ

記事一覧

移動局再免許申請

当局のアマチュア無線移動局の免許の期限が来年1月末までになっています。1年以内になれば再免許の手続きが出来るので、申し込み手続きを電子申請でしました。固定局は昨年再免許されました。

令和4年12月から無線機はすべて新スプリアス基準になるので、旧スプリアスの無線機は使用出来なくなります。総務省に登録してある無線機の中に旧スプリアス機が混ざっていると、再免許の手続きをしても受理されず、すべて新スプリアス機でそろえるよう通知がくるそうです。

僕は1台だけ旧技適番号で登録していた無線機(HT-750)がありましたが、昨年撤去の手続きをしたのですべて新スプリアス機となっており、問題なく再免許される予定です。HT-750がやはり使いたいと思えばJARDのスプリアス確認保証かTSSの保証認定を申し込めば新スプリアス機として総務省に登録されるのでまた使えるようになります。これは期限はないのでゆっくり考えればよいし、そのまま放っておいて使用しなくてもよいです。

旧スプリアス機かどうかは実際の測定した数値がどうかではなく、保証認定されたかどうかなど、役所的な見かけ上のことで決まるので、複雑です。古い真空管の無線機でも新スプリアス機になったり、結構新しくても旧スプリアス機だったりします。事前に総合通信局にメールで問い合わせると登録したものに旧スプリアス機が混ざっているかどうか教えてくれます。

かつては趣味の王様と言われていましたが、アマチュア無線の局数は減少の一途で、絶滅危惧種です。40歳台以下の方には存在も知られていないと思います。減少しているのは5年ごとの免許更新をされない局が多いためで、来年の年末は更新にハードルがあるので、残念ながら相当数の減少が起こると思います。

ではまた

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村

コメント

スプリアス基準

スプリアス基準というのは知らなかったのですが、素人考えの例えですと、ハムノイズなど雑音が出ないように機械の精度が求められるようなものでしょうか。

これとは違いますが、ギターのワイヤレスシステムを使っていた時、周波数帯が変更になるので、買い直さないといけないと知り、1年に1度発表会で使うだけなので、もうやめました。

職場でもワイヤレスマイクやチューナーの買い替えをしましたが、電気屋さんによっては、まだ数年は使えるからと、旧周波数帯のものを安く売ろうとするところもありました。

Re: スプリアス基準

ギターマジシャンさん、おはようございます。

ハムノイズとは少し違うのですが、近い周波数や整数倍の周波数に妨害電波が出ないようにする基準が少し厳しくなるというものです。
中国製の安い製品には結構いい加減なものがあるみたいです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JK4HNN/とっとりLC575

Author:JK4HNN/とっとりLC575
無線、ラジオ、音楽、自転車、カメラなどの趣味についてあれこれ書いております。

アクセスカウンター