FC2ブログ

記事一覧

「日本エコー遺産紀行 ゴスペラーズの響歌」

「残響音」にフォーカスした面白い番組でした。ゴスペラーズの5人が地下鉄の駅だの銭湯だのに出掛けていって色々な場所の「音の響き」を聴き比べます。BS4KやBS8Kだと22.2chサラウンドで聴けるそうですが、家のテレビは普通のテレビなので、BSプレミアムの放送をヘッドホンを着けて見ました。
1月31日(日)の13時50分からNHK総合でも放送されるそうです。
https://www4.nhk.or.jp/P6712/

アカペラが本当にきれいに響いていました。メンバーの人達が、ここはこんな感じの響きだと言っていたら、音響分析の機械で測定すると、その通りになっていて、ミュージシャンの耳の良さに感心しました。バンドだと楽器をチューニングして、イントロが始まって、その音に合わせて歌を歌いますが、ゴスペラーズは何もなしに、「せーの」でいきなりぴたっと全員の音程が合っていて驚きます。

デジタル技術の進歩によって、パソコン上のシュミレーションで色々な残響音を作り出す事が出来ます。立体感とか音の広がりなども簡単に作れます。ただ、どうしても人工的な音になってしまうので、自然の音にはかないませんね。

ではまたにほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ
にほんブログ村

コメント

ゴスペラーズ

教育テレビで、ビートルズバンド対決をやっていて、面白そうな番組だと、たまに見るようになったら、ゴスペル対決があって、大学生のサークルも出ていました。

そのうち一人だけすごく印象に残ったのが村上で、ゴスペラーズがデビューした時に、あいつじゃないか、プロになったのかと、何だか嬉しくなりました。

教えていただいたNHKの番組は、忘れずに見ようと思います。

Re: ゴスペラーズ

ゴスペラーズは素晴らしいグループですね。曲も自分たちで作詞作曲しているみたいです。
昔、シャネルズで低音コーラス担当だった方が、裏方の仕事されるようになって、ゴスペラーズを発掘したというのをウィキペディアで読んだ事があります。

No title

こんにちは。

デジタルの合成音と生音の比較では綺麗に成り過ぎる面が
デジタルには有りそうです。

香水も良い香りに悪臭を少し混ぜると魅力的な香水が
出来上がると聞きますから、生音にも微妙な雑味が混ざって
いるからこそ、惹き付けられるのかも知れませんね。

Re: No title

SHIN=KAIさん、いつもありがとうございます。

デジタルディレイとかデジタルリバーブの効いたギターサウンドも流行し出した頃はすごく新鮮でしたが、あまり露骨に掛けすぎるのもどうかなという気もしますね。

エコー?リバーブ?

今晩は。私は分からないんです、残響音の境目ってどこら辺なんでしょうか?(笑)
残響音=リバーブ(小さい,短い間隔リピート音)→エコー(大きい,長い間隔リピート音)
ディレイって、リバーブ寄り?エコー寄り? 時間軸で考えると、どう分類するんでしょうね。
ゴスペラーズが遅れて来るリピート音(遅れて来るリズム)を、どんな風に処理するのか
面白そうです。

私の好きな[リバーブ?エコー?]は、チェスレコードのパイプエコーです。
部屋中に巡らしたパイプの先端にアンプを置き、ミキシングルーム近くに立てたマイクで
パイプからの音を拾う。なんともアナログで安上がりなリバーブです(笑)
50年代の黒人さん達は、コダマする音が大好きですね。

Re: エコー?リバーブ?

反響=ディレイ、エコー=波形が区別できる
残響=リバーブ=波形が連続している

だそうですが、ボワっとしているのがリバーブで、ディレイはカチっとした感じですかね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JK4HNN/とっとりLC575

Author:JK4HNN/とっとりLC575
無線、ラジオ、音楽、自転車、カメラなどの趣味についてあれこれ書いております。

アクセスカウンター