FC2ブログ

記事一覧

FT-857DM修理完了

2ヶ月ほど前に故障して修理に出していた無線機FT-857DMが戻ってきました。https://575lchnn.blog.fc2.com/blog-entry-692.htmlCWモードで50W出力のはずが、20Wしか出ていませんでしたが、50W出るようになりました。FMモードは元々OKです。中間周波増幅段のセラミックフィルターの不良だったそうです。部品代400円、修理工賃19,200円でした。自分で修理するのは無理なので、まあこんなものかなと思います。この無線機はダブルスーパ...

続きを読む

FT-857DM修理

先日、FT-857DMを使って移動運用したのですが、50Wの設定でCWを運用しても5Wしか出ていませんでした。ロングワイヤー・アンテナだと無理矢理マッチングさせて送信するので、どうしてもロスが出てフルパワーは出ませんが、それにしても10分の1というのは変です。昨日、自宅でチェックしてみたところ、バンド、モード切替のスイッチが効かなくなっていました。前面パネルを付け直したら動くようになりました。ダミーロードをつないで...

続きを読む

移動用リグのFT8設定

毎日猛暑が続きますね。 5月の連休に、固定局の無線機IC-7410でアマチュア無線のデジタルモードFT8を始めました。 https://575lchnn.blog.fc2.com/blog-entry-663.html 今回、移動用のリグとPCでもFT8が出来るようにセットアップしました。FT-817ND、FT-857DM、IC-703の3台です。 移動時はWiFi環境ではないので、PC時刻の補正が出来るようにアマゾンでGPSアンテナを購入しました。PCにUSBで接続します。 ...

続きを読む

Pixie2 その17

にほんブログ村 7年前にキットを製作して昨年11月に改造したアメリカ製7MHz/QRPトランシーバーキット「Pixie2」です。https://575lchnn.blog.fc2.com/blog-entry-639.html今回は数年前にアマゾンで購入していた中国製のPixie2をケーシングしました。これはキットではなく、完成品でした。7.023MHzの水晶が半田付けされていたので、交換出来るようにソケットを取り付けました。サイドトーンの代用でブザーを付けました。電源の...

続きを読む

Pixie2 その16

7年くらい前に自作した、「Pixie2」という7MHzCWキットです。9V電池で出力90mWでした。自作のQRPパワーメーターでは100mW出ています。先日の移動運用で交信してみましたが、チューニングするとバリバリとノイズが出ます。バリコンの軸が錆びて内部も汚れていました。新品に交換して、軸も別のタイプに変えます。サイドトーンの音が不安定なので、ブザーに変更しました。サイドトーンユニットの電源を取り外して、ブザーのプラス側...

続きを読む

FT-817専用内蔵リチウム電池

ヤフオクを見ていたら面白そうな物があったので購入しました。FT-817専用内蔵リチウム電池です。FT-817はHFからVHFまで5W運用できてコンパクトなので移動運用にとても便利です。今はFT-818になっていて、超ロングセラー機です。ただ、結構電気を食うので電源をどうするかが課題です。ニッケル水素電池が附属していますが、9.6V/1400mAhとショボイのが難点ですね。今回買ったのは「WINDCAMP CH-817S」という中国製のもので、9-12.6V...

続きを読む

モービル無線機

運転中はiPhoneの音楽かラジオを聴きながら、広帯域受信機DJ-X8で航空無線をスキャンしていました。車に無線機は積んでいなくて、移動運用の時だけ持ち込んで無線をしていました。ふと思い立って車にV/Uの無線機をセッティングしてみました。そういえば25年ほど前に開局した頃の5Wハンディ機があったなと出してきました。IC-W2です。開局当時はどこに行くのにも持っていって、CQ、CQやっていましたね。充電式バッテリーは駄目にな...

続きを読む

IC-7410修理(?)

HFのメインリグ機IC-7410のパワーを何気なく測ってみたら、最大100Wのはずが70Wしか出ません。購入して5年経つので、そろそろメーカーで再調整してもらってもよいですが、特に電波の飛びに影響するほどでもないし、もう少し放っておいてもよいかって感じです。ふと気付いて、安定化電源の裏を見たら、ケーブルを接続する端子のネジが緩んでいました。きっちり締めたら90Wになりました。これならまあ誤差範囲でしょう。このリグは電...

続きを読む

パドルケーブル修理

3年ほど前にラジオ少年で購入した中国製パドルです。パドルというのはモールス信号を打つスイッチみたいな機械です。戦争映画などでよく見るのは縦振れ電鍵といって、縦に打つものですが、今はほとんど横に動かすやつで、符号の長さもトランシーバーが自動的に調整します。とはいっても、モールス通信は業務では廃止されて、アマチュア無線だけに生き残っています。2年くらい普通に動いていましたが、急に変な符号を打つようになり...

続きを読む

ミズホ製品でQRVしようWEEK

本日は「ミズホ製品でQRVしようWEEK」の最終日でした。先日お亡くなりになったミズホ通信の高田OMを追悼、感謝するイベントです。朝から天気が今ひとつでしたので自宅のベランダGPでやりました。リグはピコシリーズのMX7S、MX21S、MX6S、そしてCWトランシーバーキットP7DX、P21DXです。午前中21MHzが開けていて、ピコMX21Sで栃木県の局とSSBで1局交信できました。7MHz/CWで粘りましたが、コンデションが今ひとつだったようで、残念...

続きを読む

自作機の取り扱い(新スプリアス)

本日、自作機の取り扱いについてJARD(日本アマチュア無線振興会)に問い合わせてみました。「(A)   平成19年12月以降にTSSなどで保証認定された自作機は「新スプリアス基準」として認定されている。したがってすでに保証してもらっている自作機は、改造しなくても再免許すればそのまま平成34年以降も使える。(B)  自作機であっても新スプリアスに対応したことが確認できたものだけが平成34年以降も使える。どちらが正しい...

続きを読む

自作リグの保証認定

あれこれ調べてみましたが、ややこしいですね。平成19年12月以降にTSSなどで保証認定された自作リグは「新スプリアス基準」として認定されているそうです。なので、当局がTSSですでに保証してもらっている自作リグは、改造しなくてもそのまま平成34年以降も使えるようですね。平成29年12月以降に自作機を認定してもらう場合は外付けフィルターなど追加した上で実測データーも求められ、非常にハードルが上がるようです。いずれにし...

続きを読む

QPP/CW用新スプリアス対応フィルター

平成34年11月末までで旧スプリアス基準の送信機は使えなくなります。開局当時に購入した思い出のリグもまだ使っていますが、仕方ないですね。でも、せっかく自作したリグはずっと使ってやりたいものです。QRPのCW送信機に限りますが、外付けのフィルターがキャリブレーションから販売されていましたので、購入してみました。http://calibration.skr.jp送信出力とアンテナの間にこのLPFを挿入することで、新スプリアス基準をクリア...

続きを読む

IC-910修理完了

「パワーを上げていくと電源が一瞬落ちて、出力が上がらず」ということで送っていたIC-910が戻ってきました。「症状再現せず。電源ケーブルがややへたり気味で、送信時、1.3Vの電圧降下あり。電源等ご確認下さい。」とのこと。安定化電源を見てみると、13.8Vではなく、12Vになっていました。以前、QRP無線機を製作した際、12Vに設定して、そのまま忘れていました。普段のローカルラグチューでは5W以下に絞っていたので、これまで特...

続きを読む

アンテナ・アナライザー修理

今日から4連休です。先日ALL JAコンテストで移動した際、アンテナ・アナライザーが故障しました。コンパクトで重宝していますが、これまで何度も故障して修理に出しています。原因はわかっているので、今回は自分で修理しました。同軸の芯線にコンデンサーが直付けしてあり、芯線のコネクターがくるくる回ってしまうので、ケーブルを差し込む時に少しでもねじると、コンデンサーがちぎれて断線してしまいます。アメリカ製ですが、...

続きを読む

プロフィール

JK4HNN/とっとりLC575

Author:JK4HNN/とっとりLC575
無線、ラジオ、音楽、自転車、カメラなどの趣味についてあれこれ書いております。

アクセスカウンター